- トレーナープロフィール -

和田 裕貴(わだ ひろたか)

経歴

 大学生時代に公共のフィットネスクラブでアルバイトとして活動しながらトレーニングの知識を学ぶ。
また学生時代に多くの怪我を体験。怪我の予防と再発防止をしたいという思いでフィットネスの現場で働く事を決める。

 

その後、高松市内のフィットネスクラブに入社。スタジオプログラム・泳法指導・パーソナルトレーニングを行い老若男女問わず多く方の指導を行う。

 

また同フィットネスクラブ所属時に新店の立ち上げに参画。

ミス・ユニバース地方大会ファイナリストのトレーニング指導を行う。

 

フィットネスクラブ勤務時代に筋肉ではなく正しい姿勢と機能的な動きが大切と認識し「ピラティス」と「コアコンディショニング」が必要だと思いJCCA-ADV(日本コアコンディショニング協会アドバンストトレーナー)・PHIピラティス マットインストラクターの資格を取得。

 

2016年から香川県高松市で「正しい姿勢と機能的でしなやかな体作り」をモットーに活動中。

またパーソナルトレーナーとして香川県全域で活動する傍ら講師活動や高松市内でピラティス教室を開催している。


- 想い -

正しい姿勢と正しい動きを身につけて欲しい

私は学生時代にバスケットボールをしていました。
しかしその中で多くの怪我を経験します。

また椎間板ヘルニアも経験しました。
そんな経験から正しい運動指導の大切さを痛感します。

 ケガの予防や再発防止には何が必要なのか、
自分に出来る事を考えた結果たどり着いたのは

【コンディショニング(ケガの予防と再発防止)】

その中でもPHIピラティスや日本コアコンディショニング協会の考えに共感し資格を取得しました。

どちらの団体にも共通しているのは
【正しい姿勢】と【正しい動き】
を身につける事の大切さ。

 

私は姿勢が悪く間違った動きをする事で
ケガをしてしまっていたのです。

 

その場しのぎの治療ではなく
根本からの解決を目指し
日々学び活動していきます。

ー保有資格ー

・日本コアコンディショニング協会認定(JCCA) アドバンストトレーナー
・ストレッチポール テクニカルアドバイザー

・PHIピラティス認定 MAT・PROPSインストラクター
・HKC認定 インストラクター

・CFSC Level.1

・TRX STC 修了

・D.V.R.T Level1&2 修了
・FMS Level.1&2 修了
・DNS エクササイズコース1&2 修了
・PRI マイオキネマティック・リストレーション修了